バンドが全て自力で活動していく方法を考えてみました

最近海外通販が8月のセール前であまり面白い動きがないため、ちょっと脱線気味の内容で書いてみます。

どこまで話が続くかわかりませんが(汗)。

ひと昔前は、ミュージシャン・アーティストが何かを世の中に発信しようとしたら、何かとお金もかかるし労力も時間もシステムも必要でした。

が、ここまでテクノロジーが進化し、インターネットで世界中がつながる世界になった今では、レーベルや事務所が必要なくなってしまうくらい、なんでも自分たちでできる時代になりましたよね。

というわけで!

僕のこれまでの経験からバンドが活動していくために必要なことが自力でやっていけるかを考えてみたいと思います。

参考になるかはわかりませんので、面白おかしく読んでください!

まず、バンドが活動を継続していくために必要なことは、

バンド活動を生業にできるか?

ということがとても重要だと思います。

他に職業がある人が趣味の延長でやっていくことはできると思いますが、これを自分の”職”として継続していくことは並大抵のことではできません。

バイトで稼いだお金をつぎ込むのもいいですが、継続性がないためどこかで破綻してしまいます。

じゃあどうすればいいの?

というわけで、バンドで稼ぐための方法を考えてみると、

(1)作詞作曲した楽曲が売れる
(2)主催(またはメイン)ライブの動員が良い
(3)物販が売れる
(4)芸能人的な活動で出演料や著作権料をもらう
(5)スポンサーから契約料をもらう

といったところでしょうか?

次回はこれらを1つ1つ具体的に検証してみましょう!

Follow me!

問い合わせボタン

お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*