One OK Rockも参戦した世界最大のパンクの祭典Warped Tour!を超個人的に振り返ってみた

第1回目に所属の3バンド(Panic At The Disco, The Academy Is…, Gym Class Heroes)が参加して、そのあと何度も出演させてもらっていたパンクスプリングが今年で終わりと聞いてなんだかちょっと寂しい気持ちになっていたのですが、

イベント終了後のモニターにワープトツアーのロゴが映し出されて

”See You Next Spring”

と書いてあったと噂が広がり、来年はWarpedが来るんだとパンクファンの間ではうれしい悲鳴になっていると聞きました。

なんでも”Warped Spring”というイベント名になるらしいですね!クリエイティブマンらしい演出です!!

おそらく開催はもう決定で出演者が決まっていないんだと思いますが、ここ数年はクリエイティブマンなどのプロモーターさんも海外バンドの招聘だけではなく、日本のバンドを輸出する方にも力を入れているので、

正式にWarped Tourを日本でやることになれば、今度はアメリカのワープトツアーで日本のバンドを今までよりもたくさん見ることができるかもしれないし、これから出演を狙っているバンドにとっては大きなチャンスになるかもしれませんね!

多分クリマンなら”本場のワープトツアーに出られるかも!?”みたいなキャンペーンやりそうですよね?

それで注目されればアメリカでのレーベル契約なんてこともあるかも!?!?

というわけで、

自主から世界進出を狙うバンドにとっては今から覚えておく必要があるイベントだと思います。

僕も98年から毎年のようにアメリカのWarpedに行ってたので相当な思い入れがあるし、ちょうどアメリカでのツアーも始まったようなので、

今回は僕の経験から見たWarped Tourを書いてみたいと思います。

VANS Warped Tourとは

ウィキペディアによると(笑)、

スタートは1995年で、今ではすっかり”教授”らしくなってきた敏腕プロモーターKevin Lymanによって始まったとのことです。

大きな意味での”パンク”系のバンドたちが全米を回るツアー形式のフェスティバルで、会場はほぼ野外、朝から夜まで大小様々なステージでライブが行われて(1バンド30分とか)、その他にもスケートボードの巨大ランプが設置されてプロスケーターが飛びまくったり、プロレスとかサーカスとかもやってた記憶があります。

出演バンドも幅広い感じで、パンク系のバンドが中心ですが、西海岸系と東海岸系では全く違うし、その時の流行でも全然違う感じのバンドが数多く出ています。

なので、LAとニューヨークだと全くラインナップが違ってたりして面白かったのを覚えています。

あとは会場で無料配布されるお土産が最高でした!

サンプルCDからオフィシャルガイドブックやステッカー、バッジに楽曲ダウンロードのコードや飲食物やら、、、もう無料サンプル天国です!

”Punk Rock Circus”

なんて呼ばれてたこともあります(笑)。

なんでもありなところをよく表したキャッチフレーズです。

Warped Tourオフィシャルサイト

スタート当初は規模も小さく出演バンドもそれなりな感じでしたが、

2000年代前半のメロディック・ポップパンク大流行の時は規模もかなり凄かったし、その象徴のようなバンドたちも出演していましたが、今度は売れ過ぎてしまったバンドたちがギャラが安過ぎてWarped Tourに出演できない事態になってしまい、さらに他に似たようなフェスが乱立したため、ラインナップが段々寂しい感じになっていった時期もありました。

その後2000年代後半の”デジタル革命”による音楽界の影響によって、ロック界全体も沈んだ時期にはWarped Tourも大変厳しい時期がありましたが、

最近また原点に帰って復活してきましたね。

来年が日本初開催、、、ではない

実は日本にも2回来たことがあって、

1回目は1998年にクラブチッタ川崎で開催、来年のWarped Springと同じプロモーターであるクリエイティブマンが企画して、その時の出演者が311、Blink182、Mighty Mighty Bosstonesなどでした。

実はこれ観に行きましたが、確か会場の外にスケートのランプが設置されていました。

初めて見るBlink182にメントスをぶん投げて興奮してたのは今ではいい思い出です(笑)。

ただこのイベントが公式じゃなかったみたいなことを当時の担当さんに聞いたことがあるのですが、真意はいかに??WARP  Magazineもうちは関係ないみたいなコメント出してましたよね。

どうなんだろ?

2回目は正真正銘のオフィシャルなんですが、2004年に新木場スタジオコーストで開催されましたが、その時の出演バンドがVandalsとかAndrew WK、Thursdayとかだった気がします。

これも観に行きましたが、バンドのセレクトが渋過ぎてガラガラだったような記憶があります(汗)。

それでもVandalsの”I Have A Date”は楽しかったかな?

大物の登竜門でもある

パンク系ばっかり出ている印象のWarped Tourですが、

実は意外な大物が過去に出演しています。

Fall Out BoyとかYellowcardとかParamoreとかMy Chemical Romanceなどの後にミリオンセラーになったバンドが売れない頃に出ていたというのもあります。

Paramoreは今ではすっかりセレブの仲間入りですが、僕が観た時はメインステージではなかったですが、そこそこ大きめのステージでやっていて、それを観ている観客が若干冷めた目というか小馬鹿にしたような目で見ていました。

”かわい子ちゃんがパンクぶってる”

みたいなやつです。

あなたよりHayleyさんのがよっぽどパンクな人生送ってるのに(笑)。

ただ、この辺のバンドは売れてしまうとギャラも高騰、日程的にも会場的にも出演できなくなってしまいます。

Panic At The Discoは最初のアルバムで遠くに行ってしまったので(笑)、デビュー当時にWarped Tourに出演した記憶のない唯一のバンドですね。

一人になった今も出たことないのかな?知ってる方教えてください!

それ以外にも誰でも知ってるような超大物も出てました。

僕が実際に観たのは、

Greenday
The Offspring
No Doubt
Black Eyed Peas
Eminem

などですが、

グリーンデイは大爆発したアルバム”Dookie”の後に長い低迷期があって、その時に出てました。

とんでもない人気でした。

その後の世界を代表するロックバンドに躍り出た功績はワープトのおかげか?

その流れを組んでたかはわかりませんが、同じように大爆発からの低迷期に入ったオフスプとノーダウトも出てましたね。

オフスプはヤバかったです!!

エミネムとブラックアイドピーズは本当に意外だと思いますが、ニューヨークで出演してました。

まだまだ売れてない頃ですね。

レコード会社がプロモーションで入れ込んだような感じでした。

日本人のバンドも出演してます

そして日本のバンドも過去に出演経験あります!!

純粋にブッキングされたか影の力によるものかは、あなたの推理力次第です(笑)。

Hi-STANDARD
Nicotine
オレスカバンド
Crossfaith
Coldrain
One OK Rock

参考記事:アメリカ最大のパンクロックフェス”VANS WARPED TOUR”に出演した日本のバンド

98年のハイスタは観ましたが、ホント感動しました!

横浜ベイホールの隣のクラブ”ヘブン”でのヒップホップイベントでハイスタを観た時くらい感動しました!!

ワンオクも出てるんですね!

日本での大人気は以前のエルレガーデン以上と聞いてホントにすごいんだと思いましたが、最近はFueled By Ramenとアメリカでの契約を結んで向こうでも頑張ってるみたいですね。

僕のWarped Tourの思い出

ほぼ全米全ての会場を網羅した僕が一番印象に残っているライブは、

2002年のLAでのYellowcardです!

この年のWarped Tourは多分史上一番盛り上がってたんじゃないかと思います。ポップパンクブームの影響でLAでは2日間開催でした。

チケット持ってようが当日だろうが行列に並ばないと会場には入れない、今でいうEDMのフェスみたいな状態で、開場時間・開演時間になっても全く観客が入れなかったんです。

その時の1番手がYellowcardで、ほぼ無観客でやったそうです。それを聞いたキッズが大激怒・ブーイングをして最後の出演の後に通路の途中にある小さいテントのようなところで2日目のライブをやったのですが、

これが歴史に残るようなとんでもないライブだったんです!!

バンドも怒り爆発、キッズも爆発で観た人はみんな今でも話題になるくらいです。

それを観てLobster Recordsにオファーを出して1年がかりで”One For The Kids”リリースしました。

ホントヤバかったです。

もう1つは、98年サンフランシスコのRancidです!!

ゴールデンゲイトブリッジと夕日のコントラストにランシドのサウンドが染みたんです。最高でしたね。

あぁまた行きたいなぁ〜(笑)。

Warped Tour 2017

アメリカの夏休みは6月下旬からということで、もう今年のWarped Tourは始まっているみたいですが、

メンツを見るとなかなか面白いメンバーです!

Goldfinger、Save Ferris、The Atarisなどのワープじゃなきゃ絶対出なそうな懐かしいバンドから、Strung OutやSick Of It Allまでおじさんにはたまらないメンツ!

個人的にはNever Shout Neverが気になります。

電車や歩いていける街中でやることはあんまりないので、会場までは車で行くことになりますが、アメリカの運転マナーは日本よりもずっといいし、ほぼ直線というところが多いので(笑)、グーグルマップ使って行けば大丈夫だと思います。

LAやニューヨークなら問題ないです。

チケットもオフィシャルから買えます。大都市だと売り切れの場合もあるので気をつけましょう。ダフ屋もいますがどのくらいの値段にふっかけてくるかはわかりません。

興味の湧いた方は今からでも遅くありません!

Go to AMERICA!!

まとめ

今回は色々思い出して興奮気味にダラダラ書いてしまいましたが、

これだけネットを通じて世界が繋がっているので、

日本だけで活動しているのはもったいない

と思います。

動画や楽曲配信で人気を得るのもいい方法ですが、

バンドの真価はやっぱりライブ!!

というわけで、なんかチャンスがありそうなWarped Tourに出演できれば最高ですが、日本開催に行ってもいいし、アメリカに飛んでしまって本番の雰囲気を味わうのも全然OKだと思います!

ちなみに1年前にも同じようなことを書いていたみたいです(汗)。

参考記事:誰かWarped Tourに連れてってください!!

どんだけ行きたいんだよ!

 

”おい!なんだかよくわかんねえからもっと詳しく教えろ!”
”夏休みに行きたくなったので相談したい”

など具体的な相談・質問等は、問い合わせフォームよりご連絡ください!

Follow me!

問い合わせボタン

お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*