僕が目の当たりにしたゾゾタウンの成り上がりぶり

近い将来大爆発してセレブの仲間入りを果たすべくDIYで頑張っているバンドやアーティストの皆さんに、自分が売れた時のことを超具体的に妄想してもらって目標や夢を明確にしてもらおうという企画の最終回!!

これまでに、

・ミリオンセラーの歴史
・フォールアウトボーイ
・Fueled By Ramen

を僕の体験から紹介して一発当てて成り上がっていく過程を想像してもらいました(笑)。

最終回の今回はファッション系のネット通販で大成功を収めているZOZOTOWN!

えっ?なんで?って思う方もいるかもしれませんが、このゾゾタウン、実は音楽業界にも大いに関係しているし、僕の会社もお仕事をさせていただきました。多分今でも取引の口座は残っていると思います。


前々前回記事:パンク系バンドのミリオンセラーヒストリーを回顧してみよう!

前々回記事:Fall Out Boyの成り上がりぶりを勝手に振り返りました!

前回記事:Twenty One PilotsやFUN.で有名なレーベルFueled By Ramenの成り上がり考察

僕が実際に見てきたゾゾの歴史

まず最初にお断りです。僕自身の記憶のみを頼りにしての記事になるので間違っている部分もあるかと思います。なにとぞ寛大なご容赦を。

最初は前澤さんがライブ会場でCDを手売りしていたと思います

まだ僕が音楽の仕事をしてなかったか、初めて間もない頃だと思いますが、よく都内のライブハウスにライブを見に行くと分厚いCDのカタログを手渡されて、西新宿のCD屋さんかどこかの通販のカタログくらいにしか思ってなかったのですが、

それがゾゾタウンの始まりの事業で、会社名のスタートトゥデイ名義で創業者の前澤さんが1人でレコードやCDを売っていたと思います。

たまには入り口でダンボールかなんかでCDを広げて実演販売のようなこともしていたような気もします。曖昧ですが(汗)。

会社名の”スタートトゥデイ”ですが、伝説のハードコアバンドGorilla Biscuitsの楽曲”Start Today”からとったと聞いたことがあります。

確か最初はゴリラビスケッツのレーベルRevelation Recordsの商品を取り扱っていたと思います。

事務所に行くたびに巨大になっていくのを感じました

その後縁があってうちのCDも扱ってもらえるようになったのですが、その時が確か2002年くらいだったと思うんです。初めて事務所に伺った時のことは今でも覚えています。

その時はもう千葉に移転していて、今の事務所と同じ”ビジネスガーデンマリブ”のイーストかウェストかのどちらだったのですが、その時はまだまだ小さい事務所で、担当さんに聞いたところ、千葉県か千葉市かがベンチャー企業に提供しているスペースにパーテーションで仕切って入居している、、、みたいな話でした。

次の営業に行った時は同じビルの違う階に移っていて、しきりスペースではなくご自身で間借りした事務所だったと思います。

その次に行った時は、もっと上の会とかになっていて、社長室がガラス張りの部屋になっていてビックリしたのを覚えています(笑)。この辺からアパレル関係を取り扱い始めていたような記憶があります。

その後何回か通っているうちに、今度は同じビル内のフロアの半分が事務所になっていました。もう社員さんが働いている席は見えず接客ルームだったかな?

そして社長さんが愛犬と一緒にワールドビジネスサテライトに出演されていたような?数万円もするようなアイテムが数分で売り切れてしまう状態で、すべての保管在庫も1ヶ月で全て売れて入れ替わってしまうみたいな話だったと思います。

その頃僕はスタートトゥデイがここまでスゴいとは知らずに、ただただ驚いていました。

”会社を上場させようとしてるんだよねぇ〜”

って担当さんに聞いて2度ビックリ!?

そして何回か通うと、今度はフロア全部が事務所になってました!!受付の壁にはトムヨークとカートコバーンの絵が描かれていて、応接室に通される時に見えるコールセンターは”何人いるの?”ってくらいの規模でした。

この後音楽部門が分社化して僕自身も取引がなくなりましたが、その間5年もなかったと思います。

その後の躍進はみなさんの知るところと同じです。

バンド出身の創業者が起こした会社

創業した会社は東証1部に上場、ニュースでよく聞く”日経平均225”の構成銘柄になるほどの躍進を果たし、資産総額2000億でしたっけ?日本で20番目くらいのビリオネアで彼女はあのサエコさん!!

とてつもない経歴ですが、前澤さんは今や伝説のハードコアバンドとなったSwitch Styleのドラムでしたよね。

スタートトゥデイ名義でCDとか音楽関連グッズのみを扱っていた頃から凄かったですが、デビロックなどのバンド仲間が始めたアパレルの取り扱いをスタートし、当時のAir Jam勢を中心としたバンドブームと格闘技ブームなどが融合して大きなムーブメントになりましたよね!!

あそこが分岐点だったんじゃないかと勝手に想像してます。

ハイスタンダードを中心としたバンドブームもすざまじかったです!ハイスタはハウリングブルから独立してからミリオンセラーですもんね!

かたやK1やプライドなどの格闘技ブームも凄かったですよね。民放の大晦日特番が全部格闘技なんてこともありましたよね!?

自分のコミュニティから派生した流行に乗って大きく躍進したところは本当に勉強になることばかりだと思います。

そこから”上場”を目指したところが凡人とは違うところなんでしょうね。

上場を目指していると担当さんから聞いた頃はまだ社内の皆さんもふんわりした感じでしたが、実際にマザーズに上場した後なんかはどんどん急成長して、”1日売り上げ1億”とか言っているのを聞いて目が飛び出るほど驚いたのを思い出しました(笑)。

スケールが違います。

そのスケールの違うようなことを実際にターゲットにして、それを実現しているところがあれだけ大きくなった原動力なんだと思います。

僕の想像(妄想)ははるかに超えているのであくまで推測ですが(汗)。

結局どういうこと?

実際にバンドとしてとかアーティスト自身であそこまで行ったわけではないですが、上のYou Tubeの映像のようにアンチノックでライブをやっていたバンドマンの1人が見せてくれたサクセスストーリーは、今同じような環境にいる人でも自分の夢を叶えることができる可能性があるということを伝えてくれているのではないでしょうか?

ツイッターの炎上事件とか株主総会とか色々なニュースを見ていると随所にバンドマンらしさも見せてくれているし、他の1部上場企業とは全く違う企業文化ですよね。

僕たちにだってきっとできる!

無謀に見えるようなことだって真剣にトライし続ければ叶うこともある!!

たまには夢を見ましょうよ(笑)。

全4回シリーズの総括です

全4回でお伝えしてきましたが自分でも思い出しながら書いていたので、ここで総括したいと思います。

・自分の目標や夢を超具体的に想像する
・それに向けての明確なターゲットとスケジュールを決める
・関わりのある人との関係を維持する
・チャンスを逃さない
・無謀と思えても真剣に全力でチャレンジする!!

ことが大切かな?と思いました。

どうでしょうか!?!?

頑張っていきましょう!!!!

– 今日のイチオシバンド – Lindsey Stirling

踊るバイオリニスト!!バレエダンサーで作曲家でユーチューバー!!

ヤバい!かっちょええ〜!

Something CorporateのピアノマンAndrew McMahonとコラボしてる曲”Something Wild”もあります!!

Lindsey Stirling – Something Wild ft. Andrew McMahon in the Wilderness (From Disney’s Pete’s Dragon)

この曲はミドルなテンポですが、ホントはバンバン踊りまくりのノリノリサウンドです!!

The Arena – Lindsey Stirling

ぜひ聞いてみてください!!

アマゾン – Lindsey Stirling

タワーレコード – リンジースターリング

Brave Enough (Deluxe Edition) – リンジー・スターリング(iTUNESストア)

Follow me!

問い合わせボタン

お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*